豊胸手術を何回も失敗した私の失敗例について

豊胸手術の失敗例をご紹介します

何種類か受けた私の豊胸手術後の失敗例をいくつか紹介します。
中学生ぐらいからバストが小さい事がコンプレックスで、バストが大きい友達におしえてもらった牛乳を一杯飲む方法を試したり、リンパ腺マッサージやバストアップ体操やエクササイズブラやバストアップサプリメントなどを、一通り試しましたが全く効果がありませんでした。
学生時代はお金が無かったので、行けませんでしたが、エステサロンのバストアップエステにも行ってみましたが、女性週刊誌の広告に書かれているようにバストアップせず、美肌効果しかありませんでした。
美容外科クリニックで豊胸手術も考えましたが、副作用や痛みが怖くて躊躇してましたが、簡単に日帰りでできるヒアルロン酸注入によるバストアップ手術を知って興味を持って、女性週刊誌の広告に載っている美容外科クリニックに行きました。
電話予約して行ったので、受付を済ませて待合室で待っていると直ぐに診察室に呼ばれました。
ヒアルロン酸注入がリスクが無い事や、好きなところを何回かに分けて大きくできるなどの説明を受けて、少しずつ自然にバストアップできるて、入院しなくていい所を気に入ってその場で簡単に手術を受ける事にしました。
手術当日に、自分の目指す理想のバストの形になるようにバストの下に注入して、局所の部分麻酔なので、左右のバストで、1時間も掛からず終了しました。

豊胸手術が失敗したときの失敗例の写真を見せてもらいました

高校生の時に読者モデルとしてスカウトされてから、本格的に芸能界で活動してみたいと考えるようになりました。
複数の事務所から声をかけてもらっていますが、そのうちの1つが比較的有名な事務所で、所属している芸能人の中に自分が好きな女優さんがいます。
もし芸能界でデビューできたら女優になりたいという大きな夢を持っているので、その事務所に所属したら女優の夢を叶えられるのではないかと思っています。
そこで名刺をもらった事務所に連絡をしたところ、最初はグラビアとして活動してもらうことになるけれど、水着を着るのは大丈夫かと尋ねられました。
水着を着ることには問題がありませんし、多くの人から注目されることが大好きなので、グラビアアイドルとして活躍するのもいいなと考えています。
憧れている女優さんの何人かも若い頃はグラビア活動をしていたことを知っているので、女優になるための登竜門だと考えています。
ただ1つ心配なのが、私はAカップもないくらい胸が小さいということです。

そのため今までプライベートでもビキニを着たことがなく、いつも幼児体形を隠せるようなワンピース水着を愛用していました。
そのことを話すと、事務所のスタッフがグラビアで活動するためには、Cカップくらいは最低でも欲しいということでした。
そういわれたので、それからは胸を大きくするためのストレッチを行ったり食生活を見直したりしていましたが、
すでに成長が止まってしまったのが胸が大きくなりそうな可能性はありません。
それなら豊胸手術をしたらどうだろうかと考えるようになりました。
ただ異物を体に入れるのは怖いという思いがあって、もし失敗したらどうしようと不安になりました。

そこで普段から肌荒れをしたときなどにお世話になっている美容クリニックの医師に相談することにしました。
医師からは、豊胸手術には様々な方法があるけれど、一番おすすめなのが脂肪吸引法というものだと教えてもらいました。
自分の体から脂肪を吸引して、それを胸に入れるという方法です。
自分の脂肪を入れるので拒否反応がすくなく、また脂肪を入れるので自然な仕上がりになるということでした。
ただ、私はかなり痩せているので、脂肪を吸引できる場所がないのでその方法は使えない可能性が高いと言われました。
脂肪吸引法の場合は、一度胸に脂肪を入れることによって、それは永久に豊胸効果があるということを知り魅力的だと思ったので、
自分がその手術に適していないことを知り少しがっかりしました。

そして他の方法として、シリコンバッグを入れる方法と、ヒアルロン酸を注入する方法があると知りました。
ヒアルロン酸を注入する方法はとても簡単なので、日帰りで施術を行うので、手術というような大げさなものではなく手軽に行えるものだということでした。
ただヒアルロン酸は胸に注入した後、部分的にかたまってしまうことがあるので、その時は取り出すために手術が必要だということでした。
さらにヒアルロン酸による豊胸効果は永続的なものではないので、定期的に行わなければならず、総合的にはかなり費用がかかってしまうということでした。
一度、豊胸手術を受けたら、女性は小さな胸になることに違和感を感じてしまうので、繰り返し手術を受けたくなるからということでした。
確かに女性にとっては、胸は女性らしさの象徴のような部分があるから、医師の話に納得しました。
その他にも手術を受けることによるリスクや、失敗したときの失敗例を写真で見せてもらうことができました。
胸の形が両方で揃っていなかったり、部分的に陥没してしまっている失敗例を見て怖くなったので、
もう少し豊胸手術に関しては受けるかどうか検討しようと考えています。

豊胸手術の失敗例をご紹介します : ヒアルロン酸を大量注入してしまい… : 劣悪な脂肪注入手術を受けてしまって…